縁ing Japan

0166565890

特Aランクとは

2016年10月24日

Pocket

 

introduce

「特Aランクのお米」という言葉を耳にすることがありますが、1等米とどう違うの?

一般の方にはよくわからない方も多いと思われます。

〇〇ランクとは、日本穀物検定協会という第三者検定期間が、各都道府県が生産を奨励し、特に広めたいと考えている「奨励品種」のほか、特に関心の高い品種を全国から集め、日本穀物検定協会という団体の専門評価員が炊飯した白飯を実際に試食して評価する食味官能試験に基づき、昭和46年産米から実施している、お米の品種に関するランキングです。なので、流通するすべてのお米を評価しているものではありません。

img3

これは、お米の食味ランキングと言われており、複数産地コシヒカリのブレンド米を基準米とし、これと試験対象産地品種を比較しておおむね同等のものを「A’」、基準米よりも特に良好なものを「特A」、良好なものを「A」、やや劣るものを「B」、劣るものを「B’」として5段階に評価され、毎年発表されています。試験は「精米のタイミングや使用する炊飯器、加水率、試食開始時間など厳密に条件を揃え、味覚のテストに合格した食味エキスパートパネル20人が試食。基準米と比べて、外観・香り・味・粘り・硬さ・総合評価の6項目を7段階で評価されます。

平成27年産米については、139産地品種について食味試験が行われ、特Aランク:46、Aランク60、A’ランク:33品種として公表されました。

ゆめぴりかは平成23年~27年、ななつぼしは平成22年~27年において特Aランクを得ている間違いなく食味の良い品種です。

しかし、これはその商品自体を評価したものではありませんので、精米袋等に特A評価を表示する場合については、「商品そのものの評価ではありません」等と表示を行い、消費者に誤解を与えるおそれのないように指導されています。不当景品類及び不当表示防止法(昭和三十七年法律第百三十四号)の不当な表示の禁止第四条で問題になる可能性があるそうです。

The following two tabs change content below.
高橋 修

最新記事 by 高橋 修 (全て見る)