縁ing Japan

0166565890

高イソフラボン大豆「ゆきぴりか」

Pocket

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ゆめぴりか」は美味しい北海道米ですが、ここでご紹介するのは「ゆきぴりか」です。

2006年に育成された品種で、あまりメジャーではないと思いますが、この品種の独特の性質に魅かれ、少量ながら栽培を始めました。

その特徴とは、イソフラボン含量が普通の大豆の1.5倍~2倍も含まれているということです!

イソフラボンについては別の記事でご紹介いたします。

見た目の美しさもいいですが、味付けなしで煮ただけでも甘く、美味しいのです。

北海道産大豆はたんぱく質が低い品種が多いですが、ゆきぴりかはたんぱく質も高い品種です。

味噌、醤油、豆腐、納豆などなど、大豆は古くから日本人に愛され、身近で欠かせない食材です。しかし、平成25年の大豆自給率はわずか6%だそうです。(農林水産省「大豆の豆知識」より)食用大豆においても21%しかなく、多くはアメリカ、カナダ、中国などから輸入され、遺伝子組み換え大豆などに関する不安なども拭いきれません。

やはり、安全な国産大豆を摂りたいものです!

当社では、栽培期間中は農薬未使用で栽培し、刈取り後は天日乾燥し、最終的には人の目で手作業で選別した上でふるいに掛け、品質確保のため真空パックでの販売とさせていただいております。

機械乾燥と異なり、ゆっくり、風と太陽で乾燥させた大豆は甘みが違います。

割れや傷、小石の混入などの無いよう、時間をかけて人の目で選別しておりますので、高品質です。

自然乾燥のため、豆によっては乾燥度合いにムラが残っている可能性もあります。乾燥が不十分だと、長期保存においてカビが発生する場合があるので、真空パックとすることでこの問題に対応しております。

非常に手間が掛かるため、量に限りがございますので、売り切れの際はご了承願います。

安心安全で健康に良く、美味しい大豆を是非お試しください。

 

The following two tabs change content below.
高橋 修

最新記事 by 高橋 修 (全て見る)