縁ing Japan

0166565890

特別栽培米とは

2016年10月24日

Pocket

tokusai

特別栽培とは、農林水産省の「特別栽培農産物に係る表示ガイドライン」に従い、その農産物が生産された地域の慣行レベル(各地域の慣行的に行われている節減対象農薬及び化学肥料の使用状況)に比べて、節減対象農薬の使用回数が50%以下、化学肥料の窒素成分量が50%以下、で栽培された農産物です。

確認責任者と栽培責任者を兼ねることが出来ないこととされていますが、第三者認定機関によることは求められていないので、自社内で認定してしまうことも可能ですが、縁ing Japanでは外部認定機関に確認を委託することにより、品質管理と消費者への信頼を保つためでもあります。

節減対象農薬とは、化学合成農薬から「有機農産物のJAS規格で使用可能な農薬を除外」したもの、つまり「有機JAS規格では使用不可能なもの」のことです。

平成28年産の縁ing Japanのお米は、ゆめぴりかは農薬8割減、化学肥料9割減、ななつぼしは農薬6割減、化学肥料6割減で認定証をいただいております。

1608%e7%89%b9%e5%88%a5%e6%a0%bd%e5%9f%b9%e7%b1%b32%e7%82%b93-003

ガイドラインでは、「減農薬」、「減化学肥料」など、消費者にとって曖昧でわかりにくい表示は禁止されています。しかし、「特別栽培」というものの認知度が低い中では、「減農薬」などの表現の方が消費者に伝わりやすいとも思えます。

特別栽培米には、節減対象農薬を表示することとされていますが、これはインターネットなどで表示することも認められています。縁ing Japanではバーコードリーダーを表示したシールを附すことで、詳細をネット上で確認できるようにしております。

縁ing Japanのガイドラインの表示はこちら

The following two tabs change content below.
高橋 修

最新記事 by 高橋 修 (全て見る)